シンポジウムのお知らせ
 
日仏美術学会後援のシンポジウム「前衛芸術と古典主義(1880年〜1945年)」を下記の通り開催いたします。詳細は添付のフライヤーをごらんください。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。






◆シンポジウム「前衛芸術と古典主義(1880年〜1945年)」◆









詳細はフライヤーをご参照ください。



【日時】:2017年9月23日(土)〜24日(日)
【場所】:名古屋大学人文学総合棟カンファレンスホール7階(愛知県名古屋市不老町)


◆9月23日13:00−16:15 基調講演
デイヴィッド・コッティントン(キンズグトン大学教授)
「バック・トゥー・ザ・フューチャー?前衛,古典と〈後衛〉の概念」(英語発表)
河本真理(日本女子大学教授)
「前衛/古典主義の相克:両大戦間期の美術をめぐって」(フランス語発表)
久保昭博(関西学院大学教授)
「古典主義への回帰はモデルニテのパラドックスか?」(フランス語発表)
・司会:松井裕美(名古屋大学特任助教)


◆9月23日16:30-17:30 セッションI 古典主義と第一次世界大戦
松井裕美(名古屋大学特任助教)
「《切らずに広げて》("Ne coupez pas, dépliez"):キュビスムの歴史と第一次世界大戦」(英語発表)
池野絢子(京都造形芸術大学准教授)
「カルロ・カッラ:プリミティヴィスムと古典主義のあいだ」(英語発表)
・司会:吉澤英樹(南山大学教授)


◆9月24日10:30-12:30 セッションII 大戦間期の古典主義
飛嶋隆信(東京農工大学准教授)
「両大戦間フランス美術における危機と伝統」(日本語発表)
木水千里(お茶の水女子大学特別研究員)
「シュルレアリスムと古典主義」(日本語発表)
利根川由奈(早稲田大学非常勤講師)
「反-肖像画:ルネ・マグリットによる過去と現在の表象」(英語発表)
・司会:鈴木雅雄(早稲田大学教授)


【主催】: 名古屋大学人類文化遺産テクスト学研究センター
【後援】:日仏美術学会
【助成】:科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業
【使用言語】:英語・フランス語・日本語(質疑応答のみ同時通訳あり)
本研究は、共同研究「古代美術受容と国家美術史の形成」(http://antiquehistoire.blogspot.jp)の一環として開催いたします。



以上





日仏美術学会
Tel / Fax Tel / Fax 03−3440−1686(電話番号が変更になりました)
〒150−0013 東京都渋谷区恵比寿3-9-25 日仏会館内
e-mail :art-francojaponais○digital△email△ne△jp

※迷惑メール多数のため、対策として、上記メールアドレスにおいては@マーク部分を○で、また、ドット(.)部分を△で代用しています。
お手数ですが、アドレスご使用の際は○を@に、△をドット(.)に置き換えてお使いになるようお願いいたします。お手数をおかけして申し訳ありません。

例:○nichifutu△bijutu△gakkai → @nichifutu.bijutu.gakkai


 
トップに戻る