日仏美術学会セミナーのお知らせ





東京都美術館で、藤田嗣治の没後50年を記念した回顧展が始まりました (10月8日まで、その後、京都国立近代美術館、かたちをかえてパリ日本文化会館に巡回)。 この機会に、これまで欧米系や日本の作家の活動により 「両大戦間パリ」を眼差してきたことを相対化すべく、 中国、朝鮮、東南アジアの作家に関する研究の状況を それぞれの地域の美術史研究のスペシャリストにご報告いただくセミナーをいたします。
みなさま、ふるってご参加ください。








セミナー: 両大戦間パリを中心としたアジア系美術家
 






 ◆ 日 時2018年9月15日(土) 14:00-16:40

 ◆ 場 所日仏会館5階501号室(東京・恵比寿)


14:00-14:15  企画主旨説明・司会:林洋子(美術史家、文化庁芸術文化調査官)

14:15-14:45  呉孟晋(京都国立博物館主任研究員、中国美術史)

14:45-15:15  喜多(きだ)恵美子(大谷大学教授、韓国朝鮮美術史)「ヨーロッパで学んだ朝鮮人美術留学生」

15:15-15:30 (休憩)

15:30-16:00  堀川理沙(シンガポール国立ギャラリー・シニアキュレイター、東南アジア美術史)

16:00-16:40  質疑応答


【主催】日仏美術学会

【協賛】公益財団法人 西洋美術振興財団




以上


日仏美術学会
Tel / Fax 03-3440-1686(電話番号が変更になりました)
〒150−0013 東京都渋谷区恵比寿3-9-25 日仏会館内
e-mail :art-francojaponais○digital△email△ne△jp

※迷惑メール多数のため、対策として、上記メールアドレスにおいては@マーク部分を○で、また、ドット(.)部分を△で代用しています。
お手数ですが、アドレスご使用の際は○を@に、△をドット(.)に置き換えてお使いになるようお願いいたします。お手数をおかけして申し訳ありません。

例:○nichifutu△bijutu△gakkai → @nichifutu.bijutu.gakkai



                                
以上
 
トップに戻る