シンポジウムのお知らせ
 
日仏美術学会の後援で以下のようなシンポジウムが開催されます。皆様奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます。






◆国際シンポジウム「20世紀視覚芸術・文学における 前衛的レアリスム(1914〜68年)」◆







チラシはこちら



【日時】:2018年9月28・29日(金・土)
【会場】:名古屋大学東山キャンパス文系総合館7階 カンファレンスホール
【主催】:名古屋大学人文学研究科附属人類文化遺産テクスト学研究センター
【支援】:科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業
【後援】:日仏美術学会




◇プログラム◇

9月28日(金)
13:00〜開会の辞:周藤芳幸(名古屋大学高等研究院長)
13:15-14:15 基調講演1
セゴレーヌ・ル・メン(パリ・ナンテール大学名誉教授)「19世紀のレアリスムと前衛─クールベを例として」

14:30-15:30 セッション I: レアリスムの諸問題
松井裕美(名古屋大学高等研究院YLC特任助教)「レアリスムとユートピア的なヴィジョン─1930年代のフランスにおける様々な『現実』概念の定義」
小寺里枝(京都大学博士課程) 「足元の現実─ジャン・デュビュッフェ《大地称賛》(1952〜1959年)におけるレアリスム」

15:45-16:45 セッションII: レディー・メイドとリアリティーの表象
メタ・マリア・ヴァリユゼタイト(フンボルト大学/パリ・ナンテール大学博士課程)「リアルな口髭─表象への回帰と1914年頃のパリにおける前衛肖像画」
マルク・デシモ(パリ・ナンテール大学教授/コレージュ・ド・パタフィジック)「マルセル・デュシャンについて─絵画からレディー・メイドへ。混信と現実のあわい」

17:00-18:30 セッション III: 大戦間期の現実性の建築法
レイチェル・ボエイト(ニューヨーク大学博士課程)「レジェの新現実主義─1930年代フランスにおける人民のための絵画」
山本友紀(日本学術振興会PD特別研究員)「リアリズムと抽象─大戦間期におけるキュビズムの解釈」
ダリオ・ドネッティ(フィレンツェ美術史研究所/マックス・プーランク研究所研究員)「リアリティーを超える影─1930年代イタリア建築と国家概念」

9月29日(土)
10:30-11:30 基調講演 2
ロミー・ゴラン(ニューヨーク市立大学大学院教授)「ファシズムのリアリズムはマジック・リアリズムか?」

11:30-12:30基調講演 3
サラ・ウィルソン(コートールド美術史研究所教授)「ゴダール以後、アルチュセール以後─ナラティヴ・フィギュレーションと1968年」
14:00-15:00 セッション IV: 写真とリアリティー
マックス・ボノム(パリ・ナンテール大学博士課程)「大戦間期フランスにおけるフォトモンタージュの実践と『社会主義レアリスム』の諸理論」
礒谷有亮(京都美術工芸大学非常勤講師/ニューヨーク市立大学大学院博士課程)「主観的なレンズ─両大戦間期フランスにおける写真の『現実』と『芸術』」

15:15-16:45 セッション V: 諸現実のドキュメンテーションと超現実
鈴木雅雄(早稲田大学教授)「客観性対現実性─ブルトン、ピカソ、バタイユ─」
トニー・ヒルデブラント(ベルン大学助教)「シュルレアリスムにおけるレアリスムのドキュメント 1929〜34年(バタイユ─ベンヤミン─ヨヨット)」
久保昭博(関西学院大学教授)「シュルレアリスムを超えて─レーモン・クノー『はまむぎ』について」

17:00-18:00 全体討論


予約不要 使用言語:英語・フランス語(質疑応答のみ通訳あり)
企画:松井裕美 コーディネーター:松井裕美・山本友紀・礒谷有亮
連絡: hiromi.matsui○lit△nagoya-u△ac△jp
※迷惑メール多数のため、対策として、上記メールアドレスにおいては@マーク部分を○で、また、ドット(.)部分を△で代用しています。
お手数ですが、アドレスご使用の際は○を@に、△をドット(.)に置き換えてお使いになるようお願いいたします。お手数をおかけして申し訳ありません。




以上



日仏美術学会
Tel / Fax 03−3440−1686(電話番号が変更になりました)
〒150−0013 東京都渋谷区恵比寿3-9-25 日仏会館内
e-mail :art-francojaponais○digital△email△ne△jp

※迷惑メール多数のため、対策として、上記メールアドレスにおいては@マーク部分を○で、また、ドット(.)部分を△で代用しています。
お手数ですが、アドレスご使用の際は○を@に、△をドット(.)に置き換えてお使いになるようお願いいたします。お手数をおかけして申し訳ありません。

例:○nichifutu△bijutu△gakkai → @nichifutu.bijutu.gakkai


 
トップに戻る